ThumbPenguin

Character Animator でVtuberを作ってOBSで配信する

Character Animator で制作したものをOBSで配信するまでの制作の流れや作業について解説します。

会社のマスコットやアプリのマスコットの制作およびアニメーションの作成、さらにはその後の生配信まで承っております。
ご依頼はお問い合わせフォームでお願いします。

制作の流れ

簡単な動きのマスコットの場合下記工程で作っていきます。
今回は1,2番の詳細は省略します。

  1. マスコット制作(Illustrator, Photoshop など)
  2. Character Animator で動きを設定する
  3. NDIツールの設定
  4. OBSの設定

完成系は下のような感じです!

マスコット制作

今回はペンギンを作ってみました。レイヤーをきちんと分けておけばこの後の制作が簡単になります。

NDI ツールのインストール

下記リンクからNDIツールをダウンロードしてインストールします。M1 Mac での動作も確認済みです。

NDI Tools: https://ndi.video/type/ndi-tools/

Charactor Animator での設定

Character Animator に取り込み動きの設定を行います。今回は動作の設定に関しては解説しません。

配信を行う場合はシーンパネル右下の”ライブストリーム”のアイコンをクリックしてONにします。
ライブストリームのアイコンを Cmd + Click で環境設定を開き、上記画像のように Mercury Transmit を有効にしてください。 また NDI Tool が正しくインストールされていればチェックボックスも表示されているはずです。

また”ライブストリーム”のアイコン右にある背景のアイコンをクリックしてグリーンバックを設定しておきましょう。

OBSで配信に Character Animator の映像を取り込む

OBSのプラグインを使用してNDIを読み込もうとするとOBSのバージョンとプラグインのバージョンの相性によって上手く動作しない場合があるので、OBSのプラグインを使用しない方法を解説します。

NDI Virtual Input の起動

NDI Virtual Input を起動してください。
NDI Virtual Input は NDI Tools をインストールすると一緒にインストールされるアプリケーションです。

起動するとMacの場合メニューバーに”NDI”という表示がされますので、クリックしてください。
クリックすると パソコンの名前.Local(Character Animator) という表示がされますのでそれをクリックして選択します。

OBSで背景透過した映像を受け取る

OBSを起動したらソースの追加ボタンを押下して、画像キャプチャデバイスを選択します。
設定が開いたらNDI Video という項目が表示されているはずです。
NDI Videoを選択しましょう。

このままだとグリーンバックが表示されたままなのでクロマキーの設定をします。
OBSでの背景透過はソースを右クリックしてフィルタを選択します。

設定のポップアップが表示されたら、エフェクトフィルタに”クロマキー”を追加します。
ここで色キーの種類を緑に変更したら背景が透過されるはずです。

これで全ての設定は完了です。お疲れ様でした!

コイアイちゃん Avatar

この記事を書いたのは


Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA